凍結したアスファルトでも滑りにくくなる!

2022年1月7日

凍結したアスファルトでも滑りにくいソール

 

おはようございます。

小金井市靴修理AMOLIRです。

1月6日東京すごい雪降りましたね!朝は、アスファルトが凍結していたのでコンビニまでペンギン歩きでした。

凍結していてもあまり雪が降らない東京ですと朝会社に通勤する方は、普通のラバーソールの革靴を履いている方を見かけました。

あまり理解をされていない方がいらっしゃるのでラバーソールについてご説明いたします。

実は、革靴に貼る通常のハーフラバーやトップリフトのラバーは決して滑り止め用じゃないと言う事です。

通常の一般的なハーフラバーなどは、あくまでグリップ力や耐摩耗性の強化になります。

ここで言うグリップ力とは、乾いたアスファルトや大理石などの床でもふんばりやすいと言う事です。

耐摩耗性は、摩擦により削れの保護や強化となります。

ですので雨に濡れたアスファルトや大理石のような床又は、凍結した床では、滑ります。

ですので雪が少ない東京普段ついているラバーソールは、凍結した地面では滑る可能性が高いです。

 

そこで今回ご紹介するのは、機能特化の材料タイヤのMICHELINからレインソールとウィンターソールをご紹介いたします。

MICHELIN

写真左レインハーフソール2.5mm&

レインリフト6mm

雨天時に活躍するレインシリーズは、ミシュランタイヤのPILOT ROAD3をベースに設計されました。タイヤに搭載されているXST(エックス サイプ テクノロジー)を元に、サイピング(細かな溝)と貯水ホールを組み合わせた特殊なデザインは、濡れた路面上でも優れたグリップ力を発揮し、スリップを軽減します。また、ヒールと一緒にご使用いただくことで仕上がりに統一感が出ます。

修理価格 レインハーフラバー¥3500-

        レインリフト¥3000-

 

写真右ウィンターハーフソール6mm&

ウィンターリフト7mm

ミシュランタイヤのX-ICE North3をベースに設計された、秋冬の積雪用はもちろんアウトドアシューズ等にもマッチするソールです。タイヤ由来の独特な模様は強力なグリップ力を生み出します。また、外側に流れるデザインは、異物を詰まりにくくし清潔さを保つことで耐久性も持続させます。

修理価格 ウィンターハーフソール¥4200-

        ウィンターヒール¥3500-

 

vibram雪や氷特化のシリーズ

Vibram S1269 WINTER FASHION

雪用に開発された、非常にグリップ力の高いARCTIC GRIP配合を使用したソールです。
積雪地域での実験や、氷の上でのグリップ力試験も行っているソール&ヒールです。ソール&ヒールで1セットの販売で、セットでご使用いただく事でグリップ力が発揮されます。

ハーフラバー4mm リフト4.5mm

 修理価格 ハーフラバー¥5800-

          ヒール¥4000-

 

Vibram 1319 CRISTY ARCTIC GRIP 5mm

雪用に開発された、非常にグリップ力の高い配合を使用したソールです。
積雪地域での実験や、氷の上でのグリップ力試験も行っているソールです。厚みは5mmで汎用性も高く、スニーカー等フラットなソールにご使用いただけます。

修理価格 オールソール¥13500-

 

Vibram S1219 BRUSH TAP & HEEL 6mm

革靴のリフトがある靴のオールソール資材としてしての雪用ソールになります。

修理価格 オールソール¥16500-

 

ミシュランは、在庫数足分あり

vibramは、取り寄せとなります。

※現在コロナの影響で資材の輸入が遅延しています。御依頼時に在庫を確保できない場合がございますのでご了承下さいませ。

予約又は、問い合わせにて入荷出来るかご確認を下さいませ。

今後の雪に向けて1足特化した靴をお持ちになってみては、いかがでしょうか?

 

修理無料御見積もり御相談の客様は、

メールでの御依頼は、こちら

LINEでの御依頼の方は、こちら

 

前回のブログDr.sole オールソール資材入荷!を見たい方は、こちら