John lobbのオールソール 作業中 東京

2018年9月26日

こんにちは、アモリールの川上です。

只今John lobbの革靴のオールソール交換の作業をやっております。

ふとジョンロブ ってやっぱり匠だなーと思いブログを更新しました。

現在底付けも終わりグッドイヤーのウエルトと靴底を縫う作業に入ったんですが

縫いの穴のピッチが細かい!!

全周を一針一針手で縫っていきます。オールソール で一番時間がかかる作業ですね!

機械縫いってこのピッチの細かさでもしっかり元穴通り縫いきれるのでしょうか?機械ないからわかりませんが笑

昔の靴職人は、いかにこの縫いのピッチを細かく縫えるかを競っていたらしいです。

このように革を貫通させた後に縫い糸を入れて縫っていきます。ピッチが細かすぎると革を貫通させた際に隣の穴と近すぎて一つの穴になっちゃう事もありそれでは、縫われた事には、なりません!

なので穴を貫通させるこの作業にも気をつけながら刺し込みます。

こちらが縫い上がった写真!

片足終わったのでもう片足縫いはじめます。

では、また