Church's -チャーチ- ハーフソールラバー 半円加工 東京 小金井

2019年5月6日

今回の修理依頼は
Church’s (チャーチ)のウィングチップにハーフソールラバー張り付け加工です。今回は半円加工のご依頼です。

【before】

半円加工とは、前回のブログにも少し書かせていただいていますが、ハーフソールの形状加工の工程になります。

標準のハーフソール張り付けは下の写真のような直線加工になります。

今回は、半円加工の作業工程をご紹介します!

まず、ハーフソールラバーを半円に加工します。

加工したハーフソールラバーに合わせて靴底にラインを引き、皮包丁で漉いて表面を薄く削っていきます。

半円加工のラバーとソールの半円がぴったり合うか微調整しながら張り付けます。

【after】

Church’s (チャーチ)のストレートチップに上記同様の、ハーフソールラバー半円加工を施したものもご紹介します。

【before】

【after】

今回は、半円加工をメインにご紹介しましたが、他のデザインのハーフソールラバーも承っております。

一例をご紹介します。「ネット画像引用」

ハーフソールの形状加工は、機能性だけではなく、デザイン性として魅せることが出来る加工修理になります。

ハーフソールラバーで直線以外の形状加工は別途料金でお受け致しております。

依頼の際に、お申し付け下さい。オリジナルな靴底のご相談もお待ちしております。