靴作りや靴修理に使われる道具 コバ鏝(コテ) 東京 調布

2019年6月25日

今回は、靴底や修理に使うコテという道具の御紹介!

靴底と一言で言っても靴底には、あらゆる箇所があり細かい仕上がりの差が出ます。

今回は、コバコテという道具です。

靴底のコバの部分を仕上げる道具で革は、やすったりして形を形成していくのですが革は、やすると毛羽立ちます!その毛羽立ちを抑えてツルツルの高級感があるコバに仕上げのに使ったりします。

写真の様にコバに当てて革を整えます。

コテを熱してロウを溶かしながらコバに塗っていき光沢を出したりします。

機械でロウ付けも出来ますがやはり手作業でやる事が仕上がりに差がでますね。

またコバコテは、自分の仕上げたい形になるように自分でコテを加工したりしながら作っていきます。

例えばコバにツメ(リップ)と呼ばれるツメのように出ている仕上げ方法にしたいならその形になるようにコバを加工します。

靴のブランドによって様々なコテが使われます。

コテを作る職人が日本では、ほとんどいなく国産のコテ類は、販売されていない物があります。

海外のコテも出回ったり出回らなかったりで値段も高く全てのコテを集めるのは、中々難しいです。

当店も少しづつ集めていますがまだまだ出せない仕上げ方法などもあります。

この仕上がりの部分は、細かい部分であり仕上がりの美しさに違いが出る為レザーオールソールでは、仕上がりの差が出ます。

色々なコテと巡り会えたらいいなーって思います。

 

靴&鞄修理専門 AMOLIR